看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

一般企業で看護師として働く新しいスタイル「産業看護師」

一般企業で看護師として働く新しいスタイル「産業看護師」

一般企業で看護師として働く新しいスタイル「産業看護師」

「産業看護師」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
少子高齢化や医療技術の発達に伴い、看護師はこれまでとは違ったシーンでも活躍し始めているのです。
新しい看護師の活躍の場について見ていきましょう。

「産業看護師」って一体どんなもの?

「産業看護師」というのは企業内で働く看護師を指します。
病院など不特定多数の患者を相手にするのではなく、企業内の従業員のみを対象に医療行為の補助を行います。
また、従業員の健康に気を配り、予防医学を充実させるための働きもあります。

「産業看護師」は看護師でありながら、企業の従業員の一人でもあります。
他の従業員全体の健康管理という非常に大きな責任を伴う仕事ができ、企業の大きさによっては一般的な病院勤務より高待遇になる可能性もあるのです。
ただし、豊富な医療の知識やまめな気配り、経験値などが必要とされる職場でもあります。

「産業看護師」になる方法

「産業看護師」になるためには、専用の資格などは必要ありません。
そもそも「産業看護師」というのは、日本産業衛生学会の産業看護部会によって認定された登録制度であり、これに登録した看護師が企業に採用されることで「産業看護師」として働くことになるのです。

制度に登録するためには、規定された「産業看護基礎コース」の全課程を修了しなくてはいけません。
ただしこの対象は看護師や保健師で、準看護師は含まれません。
産業看護の十分な知識と経験があること、一般衛生管理者の免許取得など、いくつかの条件を満たす必要もあります。

「産業看護師」という働き方

病院勤務だった看護師が、諸条件を満たして「産業看護師」に転職するというケースは珍しくありません。
看護師としての経験が活かせる上、キャリアアップ、待遇アップの可能性も秘めているのです。

「産業看護師」の職場は一般企業なので、休日も固定されていることが多く、病院勤務より規則的な生活を送ることもできます。
従業員の健康管理を通して企業貢献できる度合いも高く、非常にやりがいのある仕事だといえるでしょう。

ただし、必要条件が複数あることや、資格や勉強の必要があり、思い立ってもすぐにはなれないのが現実です。
求人数は今後増えていくことが予想されますので、転職を期に「産業看護師」を目指してみるのもいいかもしれません。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.