看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

看護師は産後復帰しやすい?

結婚・出産も安心してできる仕事。看護師は産後復帰しやすい?

看護師は産後復帰しやすい?

働く女性にとって、結婚・出産はタイミング選びの難しいイベントです。
多くの企業では結婚・出産を機に退職してしまう女性が多く、これに歯止めをかけて「女性の活躍」を推進することはアベノミクスの要でもあります。

看護師の職場においても、結婚・出産はその後のキャリアを左右する大きなイベントです。
ただし、一般企業と比べると、産後復帰する人の数は多い傾向にあるようです。

看護師の産後復帰

看護師は産後復帰がしやすい職業だといわれています。
職場である病院内に託児所を併設しているところも多く、子供が病気になってもすぐ診察してもらえるというメリットもあります。

近年は慢性的な看護師不足が叫ばれているので、働きたい看護師は引く手数多というのが現状のようです。
小さな子供を持つ看護師は短時間勤務や夜勤の免除が受けられるなど、産後復帰の看護師をサポートする環境も整っているケースが増えています。

産後復帰する時期について

どれくらいの時期で産後復帰するかは、非常に個人差があります。
早い人では産後3ヶ月で働き始める人もいますし、ある程度子供が大きくなってから復職を考えるという人もいます。

ただし、ブランクが空くほどせっかく覚えた技術や知識が使えなくなってしまうので、なるべく期間を空けずに復職したほうが良い待遇で迎えられる傾向にあります。

看護師への復職には、専用サイトを活用しよう

産後復帰するにあたり、大切なのが情報収集です。
特に小さな子供を抱えている看護師にとって、保育施設の有無や育児サポートの充実、職場全体の産後復帰への理解度がどうかというのは必ずチェックしておきたい項目です。

そこで活用したいのが、転職や復職をサポートする専用ウェブサイトです。
病院や医療施設の職場環境や保育施設の詳細、自宅から近い職場の検索などが簡単にできるようになっているのです。

支援金の支給や専属コンサルタントに相談ができるなど、オリジナルサービスも充実しています。
以上のようなさまざまなサービスを活用し、結婚・出産後も順調にキャリアアップしていきましょう。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.