看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

看護師さんのお給料について

ハードだけどやりがいのある仕事!看護師さんのお給料について

ハードだけどやりがいのある仕事!看護師さんのお給料について

看護師になれば安泰、と思っている人は多いのではないでしょうか。
国家資格だし、女性が多い現場だから結婚・育児もしやすそう、お給料もいい。
看護師という仕事にはそんなイメージがありますね。

しかし、看護師になるためには専門教育を受けなくてはならず、時間もお金もかかります。
国家試験に合格するために予備校などに通うケースもあり、就職すれば夜勤などの激務もこなさなくてはいけません。

看護師さんは本当に高給と言えるのか、その実態について見てみましょう。

看護師の平均給与はどれくらい?

平成25年の看護師の平均年収は472万円です。
換算すると、平均月収は33万円、時給にして1,966円となっています。
男女別に分けると、男性の平均年収は466万円、女性の平均年収は473万円で、性別差はあまりないようです。

看護師の平均年収は平成13年からほぼ横ばいの推移となっており、比較的安定した収入の職種だといえます。
また、看護師の約9割が女性であり、いまだに女性色のイメージが強い職種でもあります。

一般的に、女性の平均的な年収は200万円台後半となっているので、額面だけでみると看護師のお給料は高水準に感じられます。
しかし一方で、看護師は立ち仕事がメインで夜勤もあり、患者からの細かな要望に応えなくてはならないなど、非常にハードな仕事であるゆえ高給であるともいえます。

先行投資が不可欠な仕事・看護師

看護師になるためには看護学校や看護師養成所で専門教育を受けなくてはいけませんが、もちろん学費がかかります。

看護系大学や看護短期大学は、国公立では年間の学費は60万円前後が平均的です。
私立の場合は年間100~200万円かかることもあります。
看護師専門学校の場合、年間の平均学費は約85万円です。

看護師になるために一番安いコースでは公立の看護師専門学校に入学し、3年間で60万円ほどの学費がかかります。
高いコースは私立の看護大学で、4年間で最大700万円ほどかかることもあります。

看護師は医療の進歩に合わせて生涯学習が必須な職でもあります。
また、ハードな勤務に耐えうるタフな心身をキープするための健康管理も求められます。

お給料は高めではありますが、その分求められることも多く、一概に看護師=高給取りという構図は成立しなそうですね。
ただし、他の職種と違って長く勤められる仕事であり、転職などもしやすい傾向にあるようですので、先行投資した分は回収できるとも考えられます。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.