看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

看護師用語「さ行」

看護師の用語集【さ行】

看護師の用語集【さ行】

サイレントアスピレーション

不顕性誤嚥のこと。通常、気管内に異物が入るとむせたり咳き込んだりして異物を外に出そうとする働きがあるが、意識のない人・麻痺のある人・自力で痰を出せない人など、知らず知らずのうちに異物が気管に入ってしまうことをサイレントアスピレーションという。
気管カニューレや気管内チューブを挿入している場合では、チューブ交換時などに唾液や分泌物が混入してしまうこともある。

サチュレーション

酸素飽和度のこと。血液中に溶け込んでいる酸素の量で、%で表される。健康時は99%近い数値になるが、呼吸器官に異常があると数値が低下する。

サクション

吸引のこと。痰が絡んで自力で吐き出せないときや、気管に物を詰まらせてしまったときなどに行われる。口や鼻からチューブを挿入し、機械で吸引する。

サブデュラ

硬膜下出血、または硬膜下血腫のこと。X線CT上では、三日月状の高吸収値を示す。単に「硬膜下」という意味で使われることもある。

酸素吸入療法

何らかの原因で酸素欠乏状態に陥った患者に対し、高濃度の医療用酸素を緊急に、または慢性的に吸入させる治療方法。「酸素療法」ともいう。

酸素欠乏症

何らかの原因で体の組織が酸素欠乏になった状態。肺や循環器系の病気・貧血によって起こる。脳への影響が大きく、頻脈・呼吸切迫・精神障害などをきたす。低酸素症、ハイポキシアともいう。

人口鼻

人工呼吸器療法を行うときに使用される医療機器。患者自身の呼気の温湿度を維持し、人呼吸器から送られる乾燥した空気の加温加湿をするためのもの。

心身症

心の問題が大きく関与する病気の総称。身体的な疾患が生じるものの、発症や経過には心理的・社会的要因が関係しているという特徴がある。

シンチグラフィー

RI検査ともいう。放射線を発するRI剤を投与した際、体から放出される放射線をコンピューター処理して画像化する検査。腫瘍やがん、甲状腺機能の検査などに使われる。

スキンステープラー

手術後などに皮膚を縫合するための器具。文房具のホッチキスと似た形状をしており、使い方も同様。ステープラートも呼ばれる。

スポルディングの器具分類

医療器具の消毒や滅菌方法について、目安として用いられている分類方法。感染のリスクによって、「クリティカル」「セミクリティカル」「ノンクリティカル」の3段階に分かれている。

咳喘息

気管支喘息ともいう。主な原因は気管支の慢性的な炎症。胸部レントゲン検査では異常を認めず、肺機能検査では気流障害が確認される。ステロイド薬と気管支拡張薬で治療が行われる。

セミクリティカル器具

スポルディングの分類によって感染度が「中」とされる医療器具のこと。内視鏡や呼吸器治療器具など、粘膜や損傷した皮膚に接触する器具であり、中水準以上の消毒・滅菌が必要。

看護師 用語集カテゴリ 最新記事

yougo_9

看護師の用語集【ら行】

ラジオアイソトープ 放射性同位元素。画像診断検査の一つであるシンチグラフィなどに使用されている。γ線などの放射線を放出す
yougo_8

看護師の用語集【や行】

薬剤耐性 細菌やウイルスなどの病原微生物やがん細胞などが、薬剤に対して抵抗性を示すこと。耐性を持つと、病原微生物などに対
yougo_7

看護師の用語集【ま行】

マーゲンチューブ 「マーゲン」とはドイツ語で「胃」を意味し、マーゲンチューブは鼻から胃内に挿入するチューブのことである。
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師 用語集

Comments are closed.