看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調べました。
就職先も多く収入も安定していて女性が多い職場なので産休や育休にも理解がある、人生計画どうなるかわからないけどどうなっても対応できるのは看護師だ!
そう思いました。
ネットで調べてみると詳しく書いてあるサイトが多くシングルマザーの方が看護師になったりと仲間が多いと感じたこともあります。
看護師の資格さえもっていいれば日本全国どこに行っても働くことができるうえに好条件なことが多い!それも魅力でした。
好条件から調べはじめた看護師への道でしたが、調べ始めて看護師が書いているブログやニュースなど読むうちに最初とは違う使命感のようなものが生まれていました。
誰にでもできる仕事ではなく社会にとって人にとって大きく係る仕事だということに遅ればせながらも気付きました。
それからは看護師になって人生を乗り切る!ではなくどういう看護師になる!という気持ちのほうが大きくなっていき最後には友人たちに看護師とは!などと熱く語っていたようです。
最終的には看護師という仕事に魅力を感じて転職を決意しました。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

不動産会社で事務をやっていました。

私が思う看護師というお仕事について

なにがなんでも患者の為!職場に入れば看護観が違うのは当たり前ですがみんなが思うことは「患者さんの苦痛をかぎりなく除く」ということです。
病気にとってはいけないことでもその患者さんには必要なとても大事なことだったりするのです。
教科書通りのことはひとつもなく同じ人、病気、状態も同じことなどありません。
なにもかもがその時始めてのことになるのです。
そのときに何がBestなのかを考えて自分のためではなく患者さんのため家族のため病気のためを考えて行動します。
もちろん仕事はハードだったりしますが退院する患者さんの笑顔や勤務が終えた時の満足感はとても大きなものです。
弱った人を看病するのに弱った人ではいけない!看護師は自分の健康管理も仕事、一人が仕事を休むと病棟全体に影響がでて患者さんにまで迷惑をかけてしまうことがあるのです。
そんなことがないように体調管理、心のゆとりスペースなんかにも気をつけるようになりました。
勉強しても勉強しても知識が追いつくことはありません。
看護師であるかぎりずっと勉強の繰り返しなのです。
想像すると過酷な生活が待っているように思えますがとにかくやりがいのある仕事だと思っています。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.