看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

30代の女性「沙代子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「沙代子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「沙代子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職の前にはずっと老人介護の仕事をしていました。
そんな中、夫との離婚の話が持ち上がり、子供を引き取って一人で育てていくには手に職をつける必要があると思って、人に手を差し伸べることが好きな私は看護師を目指すことにしました。
介護のお仕事では収入も限られていて、正社員として働くことも難しかったのですが、看護師は正社員での募集も沢山あり、結果、ボーナスなど収入面でとても強いと感じたからです。
看護の仕事に興味があるという事では正直なく、収入のため、という考えが初めは強かったです。
離婚を決めてからは、施設の上司に相談し、何度も説得し、働きながら看護学校に通うことを許可していただきました。
今の時代、看護師不足ということが大きいのでしょうか。
奨学金や学費の貸与は沢山存在するのですね。
母子家庭だと無利息で奨学金を借りることが出来たり、補助金が出たりするということで、早めに離婚の手続きを済ませ、そのような力をかり、准看護学校を卒業することができました。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

小規模多機能型居宅介護事業所で働いており、デイサービス、訪問介護、ショートステイ全てを行う仕事でした。
重労働の割には収入も少なく、契約社員という形で働いていました。

私が思う看護師というお仕事について

お金がいいから、とか安定しているから、という理由で看護師を目指した人たちを目にします。
偏見ではありませんが、若い人が多いように思えます。
そのような人たちは実際お仕事をしても、「汚い」「キツい」などと言って退職していくことが多いです。
私は子供のため、という貪欲さがあったせいか、必死に仕事をしてきました。
介護の仕事を経験していたからか、看護の中にあるオムツ交換や入浴の援助などは全く抵抗がありませんでした。
患者さんの身の回りの手助けを必要最小限に行い、その人らしい生活が出来るように手助けする仕事が看護だと思い、その人の人生の一部に関わることのできる、とても貴重ですばらしいお仕事だと考えています。
普通、見知らぬ人間が近くに来るとたいていの人は身構えると思います。
しかし、看護師は違います。
患者さんは白衣を着た私達がそばに行くと無抵抗で全てをゆだねてくれます。
それくらい看護師というものは信頼されているのだと思います。
収入のために選んだ道ではありましたが、結果として、私自身をおおいに成長させてくれたのでこの道を選んでよかったと感じています。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.