看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

30代の男性「泰司」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の男性「泰司」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の男性「泰司」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

元々作業療法士をしており、病院に勤務していました。
精神科の病院であったため看護師さんと接する機会も多く、プライベートでも親交があり良く職場環境についてなどを話していました。
そんな中で看護師という職種はメリットが沢山ある事に気づきました。
まずは職場探しに苦労しないという点です。
作業療法士の募集を検索するとかなり限られますが、看護師はどこの病院でも募集しており就職先には困りません。
もう一つは作業療法士などリハビリの対象となるのは一部の患者さんとなってしまうところが看護師は病棟にいるすべての患者さんが業務の対象となってくるためリハビリよりもやりがいがあるのではないかと思いました。
また、看護学校へ入っても3年で卒業できるので多少社会経験があっても遅れを取り戻せるのではとも思いました。
それに何しろ看護師さんは患者さんはもちろん家族にも頼られます。
そこはリハビリとは違うためより充実感のある看護師への転職を検討しました。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

作業療法士 精神科のリハビリ

私が思う看護師というお仕事について

看護師という仕事を一言で表すと『人を癒す』仕事だと思います。
人を癒すには様々なことが分かっていないといけません。
その人が今何を求めているか、どんなことに困っているのか、援助を必要としているかetc、患者さんのニーズとこちらの思いが一致した時に『癒す』ことが出来ると思います。
また、看護師は職業柄気が強いと思われていますが、それはごく一部の人たちで、ほとんどの看護師は患者さんの思いを傾聴し、患者さんがよりよく改善するには看護師としてどう関わればよいかを日々模索しています。
非常に人思いの職業だと感じています。
また、看護師は他の職種とも関わることが多く、Drへは指示を仰ぎ、ケースワーカーや作業療法士など様々な職種と連携していきます。
各職種と関わるには共通言語を理解していなければいけません。
そのようなユーティリティ性を持ち合わせているのは看護師だけであり、看護がもっても誇れる部分なのではないかと思います。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.