看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

30代の女性「理恵」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「理恵」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「理恵」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

業務が煩雑のうえに委員会など業務以外の仕事が多い、忙しいので時間外になっても残業代がつかず納得のいく給料がもらえないため割にわないと感じたから転職したいと考えました。
他の仕事とは違い、うっかりミスが患者さんの命に関わる、場合によっては死なせてしまうかもしれないという精神的な緊張感の中で常に仕事をしなくてはならない環境です。
また看護師は医師の指示にそって診療の補助を行うことと定められているので、常に医者をたてながら仕事をしなくてはならない。
いい医者もいれば身勝手な医者もいるため、合わせるのが面倒なこともあります。
また看護師は月に8回ほど夜勤があるため、小さい子供がいる家庭や夫の帰宅が遅い家庭では仕事を続けることは困難でしょう。
続けるためにはパートになるか、両親と同居するしかありません。
医療は日々進歩しており新しい機械や薬が作られています。
医療進歩に乗り遅れないように、院外の勉強会に参加も必須となってきます。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

居酒屋の調理スタッフ

私が思う看護師というお仕事について

看護師は業務が排泄介助・食事介助・セルフケア・点滴や処置など多岐にわたるため、あらゆる知識を必要としますが、やりがいがないわけではありません。
勉強し理解して根拠を持った看護を提供したことで、患者さんから感謝の言葉を頂くと本当に嬉しく思います。
大変だけど次も頑張ろう、次はここを勉強して改善できたらいいなと思えます。
そのような素直な気持ちを持つことができる人は看護師の仕事は面白いと思います。
看護師には夜勤があることや業務が繁雑ということから「忍耐力」「体力」「精神力」が最も大切です。
体力がないと患者さんを抱えることができないしハードワークもできない、精神力がないと患者さんの生死に直面したときに自分でうまく気持ちを処理できません。
また自身のプライベートが充実し心体ともに健康でないと、患者さんのいろいろな訴えを余裕を持って聞けませんし、医者やその他のコメディカルスタッフ・患者さんと良好な関係もきずくことができません。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.