看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

20代の女性「ゆき」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

20代の女性「ゆき」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

20代の女性「ゆき」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

看護師になろうと思ったきっかけは、やっぱり手に職をつけておいたほうが良いかと思ったからです。
給料はそれなりにいただけると聞いていたので、勉強してなんとかなるのであればなりたいと思いました。
長い目に将来を考えたときに、出産後も受容があるし、年配になっても受容は高いために、仕事には困らないのではないかと思ったのと、親の勧めもあったからです。
お金もふつうに働くよりはそこそこ良くもらえるので、不景気だけど、やっぱり自分の生活を安定させたいと思った結果です。
介護は身体にこたえるし、歳をいってからはだいぶ辛いと聞きました。
看護のほうが介護よりも人間関係が良いということもあり看護を選びました。
人間関係は仕事をする上では大切ですし、思いやりある職場に勤めることにより、長く務めることができると考えました。
看護であれば、日勤だけでも雇ってもらえるので体力的に辛くなったときも良いと考えたからです。
介護だと日勤だけではなかなか雇ってもらえません。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

看護助手です。
内容は、車いすへの移乗や食事介助、排せつ介助、医療器材の滅菌、物品の補充など

私が思う看護師というお仕事について

私が思う看護師の仕事は、大変ですがやりがいがある仕事だと思っています。
うれしいこと悲しいことはたくさんありますが、患者さんからの些細な言葉などですごく勇気づけられます。
知識・技術・態度と看護学校時代に大切と学びましたが、本当にそうだと思います。
患者さんはすごく看護師のことを見ています。
そのため、この3つが必要なんだなと思いました。
また、他人のことを考えることができることが大切でこれが、患者さん、医療従事者の人間関係がうまくいく要因にもなるのではないかと思いました。
看護師の仕事は、夜勤もあり大変です。
そのあとの講習会や残業も毎日のようにある中に、体力的にも精神的にも疲れますが、患者さんから元気をもらうことがたくさんあります。
ふつうに考えればつりあいませんが、働いていると患者さんの笑顔によってつりあってしまうんです。
私も不思議に思います。
でも現場にいる看護師は患者さんの笑顔のために頑張っているものばかりなので自然に救われているのではないかと思います。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.