看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

30代の女性「カンナ」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「カンナ」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

30代の女性「カンナ」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

私が看護師へ転職をしようと思った理由は、前職が不安定なバイト生活だったからです。
特に手に職があるわけでもなく、毎日充実感もなくただただ労働するのみだったので、やりがいのある仕事に就きたかった気持ちが大きいです。
何か手に職をつけるといっても色々ありますが、中でも医療系、福祉系は女性に対しての福利厚生が手厚いイメージがありましたし、ある程度歳をとっても働き続けられると思いました。
周りに看護師をやっている家族や友人が多かったこともかなり影響しています。
常に忙しそうにしているけれども、それなりに収入があると私生活も充実しているようで羨ましかったです。
また看護師は社会的にも地位が高く、看護資格があるだけで信頼感が持てます。
そういった面でも他の業種より好感が持てました。
ちなみに色々なシフトがあって生活に変化があるのも面白いなと思っていました。
基本夜型人間なので夜勤ができる仕事というのは魅力的に感じました。

看護師へ転職する前に働いていた仕事内容や業種

某チェーンレストランでホールスタッフをしていました。
お客さんの注文を取ったり料理を運ぶ仕事です。

私が思う看護師というお仕事について

私が思う看護師という仕事とは、一言で言えば科学です。
常に観察をする視点を持ち、患者の状態を正確に把握することから始まり、それを基にプランを立てケアを実施し結果をフィードバックしていきます。
看護の一連の流れは科学的な証拠をふまえて実践されなくてはならないため、たくさんの知識が必要となります。
また一分一秒を争う現場でも正確な判断を下していかなければならないことから、論理的な判断力も必要となってきます。
勿論知識だけでなくどんな場面においても冷静に対応できる能力や、患者や一緒に働く同僚と良好な関係を築ける人間性を持ち合わせることも求められると思います。
これだけ多種多様なニーズがあり、ストレスも多い看護職ですが、それだけやりがいのある仕事ができる仕事でもあると感じます。
今後は社会的にも看護師の地位がもっと上がり、看護師の労働力に見合った報酬が支払われること、早急に看護師の労働環境の改善がなされるべきと思います。

看護師転職の体験談カテゴリ 最新記事

taiken_s

30代の女性「幸子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

最初は看護学校卒業後に奨学金をもらっていた病院へ就職しましたが、一定期間就業後、不規則勤務では家から勤務先が近くないと辛
taiken_s

30代の女性「景子」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

転職をしようと思ったきっかけは、やりがいや給与面が気になったからです。 当時、老人保健施設の事務をしていました。 事務所
taiken_s

20代の女性「はるか」さんが看護師へ転職をしようと思った理由

自分のこれからの長い人生どうやって生活していくのかをふと考えた時に「今のままじゃ絶対だめだ!」と思って強みになる資格を調
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.