看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは?

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。
老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあり、これらの施設では多くの看護師が活躍しています。

福祉施設で働く看護師の一日

福祉施設と病院の大きな違いは、福祉施設は生活の場であるということです。
病院は患者が病気や怪我が治癒すれば退院しますが、福祉施設の入居者は基本的に施設内で生活をしていきます。

病院と違って急患や重病者が運ばれてくることはありませんが、毎日の生活を健康で快適に過ごすためのサポートをするのが、看護師の役割となります。
福祉施設における看護師の主な業務は、施設利用者の健康状態を把握すること。
一人一人の健康管理を行い、専門の介護スタッフと連携していることが重要となるのです。

それでは、とある特別養護老人ホームでの業務内容を例に見てみます。

朝:始業、朝礼・申し送り、入居者のバイタルチェック、看護記録記入など
昼:経管栄養に関する作業、配薬、食事介助、ミーティング、不調者への対応
夕:内服薬セット、清掃・器具消毒、看護記録記入、申し送り、終業

大まかに、以上のような流れが一般的ですが、もちろん施設によって異なります。

福祉施設で働くメリット・デメリット

福祉施設の多くでは、夜勤がありません。
また、時間通りに終業できるところがほとんどで、規則的な勤務時間、体力的にもきつくない、というのがメリットとして挙げられます。

さらに、福祉施設は生活の場であるので、施設利用者のためのさまざまなイベントが行われます。
施設で働く看護師ももちろん参加となるので、花火大会やレクリエーションを通じて、他のスタッフや利用者とのコミュニケーションが取りやすいということもいえます。

デメリットとしては、多くの福祉施設では医師が常勤ではない、ということが挙げられるでしょう。
ちょっとした体調不良や利用者からの健康上の訴えには、看護師が対応する場面が多くなります。

また、病院と異なりスキルアップや医療技術を磨くというシーンは少なくなるので、長く勤めても看護師としてのキャリアアップにはつながりにくいかもしれません。
ただし、結婚や出産を経験した看護師には非常に働きやすい職場として人気があるのが、これらの福祉施設なのです。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.