看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

転職先の新たな選択肢。フィールドナースの魅力とは

転職先の新たな選択肢。フィールドナースの魅力とは

転職先の新たな選択肢。フィールドナースの魅力とは

「フィールドナース」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
病院勤務の看護師と異なり、一般企業で社員として働く企業内看護師ともまた違う「フィールドナース」の仕事について見てみましょう。

営業もこなす、「フィールドナース」

「フィースドナース」というのは企業看護師とも呼ばれ、医療製品の営業などに携わる看護師のことをいいます。

一般的な病院勤務の看護師と異なるのは、企業に正社員(契約社員の場合も)として勤務していること。
また、企業内看護師がその企業に勤める社員の看護ケアを行うのに対し、フィールドナースは看護師資格を活かして医療行為以外の業務を行います。

勤務先は病院コンサル企業や医療機器メーカー、医薬品メーカーなど。
企業看護師は高度な医療知識を活かして、メーカーの製品を病院などに売り込んだり、機器の使い方をレクチャーしたりします。
通常の営業マンだけではケアしきれなかった専門知識を、看護師の有資格者が同行することでより説得力のあるものにし、購入者にアピールする働きがあるのです。

また、医薬品メーカーにおいては、新薬の販売前のデモンストレーションや使い方の説明、それに伴う専門サポートを行っていきます。

フィールドナースとして働くメリット・デメリット

フィールドナースという仕事は人気があり、転職先としても多くのメリットがあります。
例えば、規則的に休みが取れ、比較的高収入だということ。
雇用形態は企業の社員ということになるので、定時での終業も珍しくありません。
また、医薬品メーカーは外資系企業も多く、病院勤務の看護師より給与が高く設定されていることも多いのです。

フィールドナースのメリットを一言で言うなら、看護師の資格を活かしながらOLとして働くことができる、ということ。
せっかく取った資格をムダにせず、それでいて残業や夜勤のない仕事を実現できるのです。

しかし一方で、もちろんデメリットもあります。
例えば、患者さんの役に立っているという実感を得にくいということ。
患者さんと接し、医療行為を行う機会が少なくなるので、看護師としてのやりがいを感じにくくなる可能性があります。
また、営業職への向き不向きがあったり、企業によっては病院勤務よりハードな業務を任されてしまうことも。

フィールドナースは特殊な働き方であり、まだまだ求人数も少ないのが実状。
就職・転職したくても希望通りに就業できないというのも、大きなデメリットの一つです。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.