看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

転職先をチェック!その病院、有給はちゃんと取れていますか?

転職先をチェック!その病院、有給はちゃんと取れていますか?

転職先をチェック!その病院、有給はちゃんと取れていますか?

つい最近、有給休暇の消化を企業に義務付けるよう厚生労働省が検討している、というニュースが話題となりました。
先進諸国の中でも飛びぬけて有給休暇の消化率が低い国、日本。
勤務する職場や勤務体制によっては、看護師も無関係ではない問題です。

看護師の有給休暇消化率は?

2009年の調査では、看護師の有休取得率は46%でした。
現在でも約50%前後を推移しているとみられ、取得率は高いとはいえません。
さらに、46~50%というのはまだいい方で、職場によってはもっと取得率の低いところや、全く有休を消化できていないところもあるのです。

看護師はただでさえハードワークであり、人員不足も年々深刻化しています。
有休を取りたくても人手が足りなくて取れない、これまでの慣習で取りにくい雰囲気があるなどの、ネガティブな要因があるのです。

ただし、看護師は非常に責任の重い仕事なので、過労による医療事故やインシデントは避けなくてはいけません。
そのため、看護師に有休を消化してもらい、しっかりとリフレッシュして医療事故などを未然に防ごうという姿勢の病院も増えています。

職場によって有休の取得率や申請のしやすさが大きく異なるので、転職や就職の際はしっかりチェックしておきたいところです。

有給が取りやすい職場を探す方法

どのようにして有休を取りやすい職場を見つければよいのでしょう?
それには、ネットなどの就職支援サービスを活用すると簡単です。
求人検索の際に「有休取得率」についてチェックすることができます。
これにより、有休が取りやすい職場を探しやすくなります。

また、働いている人の口コミや、友人などを通じてリサーチするのも有効です。
実際に働いている人の意見や、職場の雰囲気を知ることで、休みが取りやすいかどうか、シフトに融通が利くかどうかが分かるのです。

どのような勤務体制を取り入れているかも重要なチェックポイントとなります。
3交代制の職場では、勤務時間が短い分人手が多く必要になり、休みが取りにくい状況にあります。
有休や長期的な休みは同僚に迷惑がかかるので取れない、という病院も少なくないのです。

以上のように、さまざまな視点から有休についてチェックしてみることをおすすめします。
ハードな仕事だからこそ、効率よく休むことも大切。
長く快適に働くために、転職先の有休取得率についても調べてみましょう。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.