看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

転職するなら3交代制?勤務体制を考えるポイント

転職するなら3交代制?勤務体制を考えるポイント

転職するなら3交代制?勤務体制を考えるポイント

転職を考える理由として、労働環境への不満を挙げる人は少なくありません。
看護師は数ある職種の中でもハードな仕事として有名ですから、より働きやすい職場、より負担の少ない職場へ転職したいと思う人が多いようです。
そんな中、勤務体制というのは非常に重要なポイントです。

3交代制のメリット・デメリット

近年、看護師の労働状況を改善するために、3交代制を取り入れる病院が増えています。
ここでは3交代制のメリットとデメリットをご紹介します。

3交代制のメリット

3交代制勤務というのは、1日を日勤・準夜勤・深夜勤の3つの時間帯に分け、シフト交代制で勤務する体制です。
勤務時間は8時間ほどとなり、2交代制より短くなるので、育児中であったり体力に不安のある看護師にも働きやすいというメリットがあります。
また、残業時間も少ない傾向にあり、ほぼ定時に帰ることができるのもメリットの一つです。

3交代制のデメリット

デメリットとしては、シフトの状況によっては休日が効率よく取れなくなる可能性があります。
例えば日勤の後に深夜勤が入る場合もあり、自宅に帰っても数時間しか体を休めることができない、というケースが考えられます。

また、3交代を実現するための人員が確保できず、看護師に2交代制以上の負担がかかることもあるのです。

3交代制の勤務先は楽なのかどうか

2交代制は1回の勤務時間が長い分、休日はゆっくりと体を休めることができます。
夜勤明けの休みは主に睡眠を取り、元気があれば夕方くらいから外出、ということもできるようです。

一方で3交代制の場合、準夜勤明けが休みとなると、もし残業をした場合には深夜勤とあまりかわらない帰宅時間になることも。
せっかくの休日といえどどこかに出かける余力がなく、損をしたと感じる人も多いのです。

ただ、既婚者や育児中の看護師にとって、8時間労働というのは家庭との両立がしやすいという側面もあります。
独身者で休日はフルに活用したいという人には2交代制、既婚者や労働時間を短く済ませたい人には3交代制の職場が合っている、ということが言えそうです。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.