看護師転職Time看護師コラム看護師転職サイト看護師転職の体験談
> >

看護師は結婚したら退職?看護の仕事と家庭の両立は可能かどうか

看護師は結婚したら退職?看護の仕事と家庭の両立は可能かどうか

看護師は結婚したら退職?看護の仕事と家庭の両立は可能かどうか

看護師の仕事といえば、夜勤があるのが特徴です。
ドラマなどでよく見る、深夜の病院を巡回する看護師の姿。
たくさんの入院患者の容態を見守り、いざというとき頼りになる看護師ですが、実は少ない仮眠で仕事をこなしたり、救急対応などの激務もこなしているのです。
そんなハードワークの仕事をしながら、家庭を持つことはできるのでしょうか?

既婚の看護師はどうすれば仕事を続けているのか?

昼夜逆転のシフトも、体力勝負のハードワークも、独身者であればさほど問題なくこなせます。
しかし、結婚するとパートナーと過ごす時間や、子供との触れあいも大切になります。
激務と家庭の両立は可能なのでしょうか?

看護師はその9割が女性であり、既婚であったり育児中の人も少なくありません。
結婚後も仕事を続ける看護師が多い中、重要になってくるのが家族の理解と協力です。

例えば帰宅時間が合わない、食事を共にする機会が少ないといったことにもパートナーが理解を示してくれ、家事などを協力してやっていけること。
また、看護師としてのやりがいや将来どんな看護師になっていたいか、などの理想像に共感してくれるかどうかも重要ではないでしょうか。

子供ができた場合は、保育園への送迎を分担したり、夜勤のときは子供の面倒を見てくれるか、という点も考えておく必要があります。

ママ看護師が仕事を続けていくときのポイント

家族の協力はもちろんですが、職場のサポートも、看護師が仕事を続けていく上で重要となってきます。
特に子供が小さいうちは、急病や行事ごとなど、母親の出番も多くなりがち。
そんなとき、育児に理解のある職場、サポート体制の整った職場であると心強いですね。

例えば院内保育所が完備され、時間を問わず子供を預けられると、看護師の仕事も続けやすくなります。
また、勤続期間に関わらず有休が取りやすいとか、短時間勤務が可能といった支援体制があることも育児と仕事の両立をしやすくします。

病院の規模や方針によって、看護師が受けられるサポートが異なってくるので、就職や転職の際はしっかり確認しておきたいですね。
結婚や出産を経ても、5年、10年、それ以上と看護師を続けていくために、家庭と仕事の両立がしやすい職場を選ぶことをおすすめします。

看護師コラムカテゴリ 最新記事

04

看護師でもときには心が揺らいじゃう、ナイチンゲール症候群とうつ病

「ナイチンゲール症候群」というものを知っているでしょうか? 看護師を題材にしたテレビドラマでも登場している言葉で、看護師
19

福祉施設での仕事はどんなもの?転職先としての福祉施設とは

福祉施設というのは、社会福祉のためにつくられた施設を指します。 老人福祉施設や児童福祉施設、障害福祉施設といったものがあ
30

ブランクのある看護師の転職方法

看護師は年々有資格者が増えている一方で、医療現場での人員不足が深刻となっています。 つまり、資格は持っているのに看護師と
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 看護師コラム

Comments are closed.